サロベツ湿原センター

お知らせ

北海道新聞 『北極星』 コラムより

北海道新聞には北海道北部エリアの各地域の人が書いたコラム『北極星』が毎週掲載されています。当センターのスタッフ(嶋崎)も2010年から担当しており、年6~8回程度、執筆しております。

 

その第51話目が新聞に掲載されましたので、ご紹介させていただきます。 なお、著作権の関係などから、一度に掲載できるのは1記事のみとなっております。 素人の拙い文章で恐縮ですが、お読みいただけましたら幸いです。

センターのホームページ上でバックナンバーも含め、イメージ写真を1枚付けて定期的に更新していきますので、時々チェックしていただければ嬉しいです。

 

<北極星について>

北海道の地元紙 『北海道新聞』には、いくつかコラムが掲載されておりますが、そのうちの1つが『北極星』です。元々は夕刊のコラムでしたが、昨年くらいから朝刊に掲載されるようになりました(いずれも道北版)。

バックナンバーをお読みになりたい方は、北海道新聞旭川支社の公式サイトから他の方も含めて調べていただくことができますので、下記にアクセスしてください。


~北海道新聞旭川支社 北極星コーナー~

http://asahikawa.hokkaido-np.co.jp/hokkyokusei/index.html

  

 

北海道新聞 平成29年9月7日付 朝刊16面(道北版)より転載

 

 < 秋は夕暮れ >  嶋崎暁啓 (豊富・NPO職員)

サロベツに暮らしている人に対して「あなたが一番好きな時間は?」と尋ねたら、どんな答えが返ってくるだろう。実際に私が問われたことは今までに一度もないのだが、もし聞かれたならばこう答えたい。「朝もやの中、幻想的に浮かび上がる湿原は本当に素晴らしい」

 

豊徳(ほうとく)台地の牧草地からサロベツ湿原を望む。眼下には雲海のような光景が広がり、その奥にはご来光が見える。ただ、早起きがあまり得意でない私には、そうそう拝めない絶景である。となると、自信を持ってお薦めできるのは夕暮れ時だ。だんだんと日が短くなってきたが、今なら他の季節ほど寒さは厳しくないので頑張れる。

 

日本海に面した稚咲内(わかさかない)の海岸に立つと、秋の澄み切った空気の中で沈みゆく太陽を存分に満喫できる。逆光の中に照らし出される植物のシルエットも美しい。あかね色の光は湿原に存在しているもの全てを染め上げる「魔法の光」。常に変化していくはかなさと、奇跡のような色彩に出合うことができる。そのまま大きく息を吸い込むと、凜(りん)とした自然の美しさが肺を通って体の隅々まで染み渡っていく感じがする。

 

ただその瞬間に立ち会えただけで幸せな気分になる、あかね色のサロベツ。これが私の大好きな「サロベツ時間」だ。

 

オリジナル・ピンバッジ好評販売中!

サロベツ湿原センターの管理運営団体の認定NPO法人サロベツエコ・ネットワークでは、                                                                                      かねてより観光客の方々からご要望をいただいておりました「ピンバッジ」を新商品として製作しました!

 

 

デザインは、シマアオジとエゾカンゾウをモチーフにしたオリジナルで、価格は1個1,000円(税込)で、収益をサロベツの自然環境を保全する活動に 役立させていただく寄附付きの商品です。

台紙には緑の湿原に咲くエゾカンゾウと利尻山が描かれ、 裏面にはサロベツ湿原の紹介やシマアオジの基本情報が載っています。

野鳥好きの方はもちろん、可愛いデザインはお土産やプレゼントとしてもオススメです。 サロベツの自然を愛する方はぜひお求めいただけましたら幸いです。

 

取り扱いはサロベツ湿原センターのほか、メール(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)でご注文いただき、
郵送での全国発送(商品価格+送料180円)も承っておりますので、遠方の方はぜひご利用下さい。

帽子に付けてもちょうど良いサイズです♪

 

 

 

【案内】 10/9開催!サロベツ・エコモーDay2017詳細情報

お待たせいたしました!エコモーDayの詳細情報です。

楽しいイベントが盛りだくさんですので、当日はこちらをご参考にお越しください。

 

 

 

<会場案内図>

 

 <プログラム>

 

=========================

<今年のイベント内容です!> ※写真は昨年の様子、もしくはイメージです。

● 自然再生パネル展&クイズラリー 10:00-13:00 展示室入口  

クイズに答えると楽しみながら自然再生に詳しくなれます!子ども向けバージョンと上級者向けの問題もあります。

 

● エコモーDay講演会 13:30-15:00 映像スペース
 50年以上サロベツ湿原の研究をされている高橋英紀先生から
 あまり知られていない湿原の役割など、貴重なお話を聞けるチャンスです!

 

● 会場スタンプラリー(NEW!) 10:00-13:00 展示室入口
 会場内を巡るスタンプラリーに参加して豊富牛乳(200ml)をゲット!
 ※今回も(株)豊富牛乳公社さんよりご提供いただきます。

 

● 小学生の木道ガイド(NEW!) 10:30案内カウンター集合(約50分)
 地元の「なまら!!サロベツ∞クラブ」の子供たちが秋の湿原を案内してくれます!

 

● アロマテラピー体験講座・ルームスプレー作り (NEW!) 11:00~、12:00~ 
 ワークショップスペース(約30分)各回先着5組 材料費等1,000円
 
サロベツ湿原の植物をイメージしたオリジナルブレンドのルームスプレーを作ります!スプレーはお持ち帰りいただけます。


 
※事前予約を受付けております(サロベツ湿原センター電話:0162-82-3232)。
   当日は空きがありましたら先着順となります。
 

 

● ホッキ貝&ヨシでクラフト体験 10:00-13:00 ワークショップスペース
 豊富町の特産品・ホッキの貝殻に絵を描いたり、ヨシで作品を作って楽しみましょう!

 

● しめっちカルタ大会 10:00-13:00 ワークショップスペース
 北海道内13か所のラムサール条約湿地の子供たちが作ったカルタです。
 子どもはもちろん、大人も盛り上がります!優勝者には景品もあります☆

 

● トラクターの運転席に乗れるよ 10:00-13:00 レストハウス前駐車場
 昨年は巨大なハーベスタが登場し、子供たちに大人気でした!今年も楽しみです。

 

● 牧草ロールで遊ぼう 10:00-13:00 センター前芝生
 本物の牧草ロールに触れる&乗れちゃう!ラップサイレージに絵を描いて遊ぼう♪とよとみくんに出会えるかも?

 

● 飲食・物販コーナー 10:00-13:00 レストハウス内、センター玄関前
 レストハウスでは限定メニューが登場、cafe MOO-MOOさん、ベーカリー夢工房さん、サロベツファームさん、伝承の会さんの人気商品直売もあります。売り切れ必至なので、お早目にどうぞ!

 

● 浚渫船に乗ってみよう(NEW!)10:45~、11:30~ 案内カウンター集合
 当時の泥炭採掘工場の職員さんの案内で、普段は一般公開されていない浚渫船(しゅんせつせん)に乗ることができます。この機会にぜひ解説ツアーにご参加下さい。

 

● はしご車に乗ろう 10:00-13:00 レストハウス前駐車場
地上10m以上のはしごの上から広大な湿原を一望!素晴らしい景色に感動します。今年も秋の火災予防運動PRの一環として消防署の方々にお越しいただきます。

 

===========================

昨年の様子はこちらから <サロベツ・エコモー・プロジェクトHP記事へ>

 

 

 

サロベツライブカメラ

 

 インターネット自然研究所のサイトへ 

湿原センター パンフレット

画像をクリックすると

PDFが表示されます。

- オモテ面 -

- ウラ面 -

関連サイト

 

サロベツ湿原センター

〒098-4100

北海道天塩郡豊富町上サロベツ8662番地

開館時間

11月~4月   開館時間:10:00 ~ 16:00
          休館日:月曜日

 

5月~10月  開館時間:9:00 ~ 17:00
         休館日なし


※ただし、6月、7月は、

開館時間:8:30 ~ 17:30 となります。

お問い合わせ

電話: 0162-82-3232

FAX: 0162-82-1009

e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。