サロベツ湿原センター

お知らせ

170607 サロベツ湿原 最新開花情報

サロベツ湿原では、ぽかぽかと暖かくなる日もあれば、今もストーブが活躍する寒い日も
ありますが、お花の季節は着実に進んでいます。

ミツガシワは今が見頃です。

 

タテヤマリンドウがお日さまを浴びて気持ちよさそうに咲いています。

 

ふわふわのワタスゲの穂が可愛らしいです。

 

ショウジョウバカマはデッキ1~2の間で群生していますよ。

 

利尻山がくっきりと綺麗に見られました。

 

ハクサンチドリ。木道わきにぽつりぽつりと点在して咲いていますので、宝探しのように
探してみてくださいね。

 

カラマツソウも咲き始めています。

 

エゾカンゾウは数輪咲き始めています。
例年ですと6月下旬~7月初旬が見頃となります。

 

利尻山が綺麗に見られて、みなさんしばらくのあいだ見入っていました。

 

湿原は一面少しづつ緑色に変わってきています。これからの季節、楽しみですね!

 

170531 サロベツ湿原 最新開花情報

サロベツでは、湿原一面がだんだんと緑色に変わってきています。
木道わきでは白い可愛らしい花が次々咲き始めました。

花の内側にある白いレースのような毛が美しいミツガシワです。今が見頃です!

 

 可憐なミツバオウレンは、外周のデッキ1~3の間で群生しています。

 

 5mm程の小さな可愛らしい花を咲かせるマイヅルソウは、内周で見られます。

 

 ホロムイチゴも咲き始めました。

 

 ワタスゲの白いふわふわの穂も、風に揺られています。

 

白い花が多い時期ですが、もちろん他の色の花も咲いていますよ。
ショウジョウバカマは、淡紫色から赤色に変化していき綺麗です。

 

 タテヤマリンドウもこれからどんどん咲いてきます。

 

 群生して咲いているヒメシャクナゲは、もうそろそろ見納めです。

 

エゾカンゾウも1~2輪咲き始めました。
例年ですと6月下旬~7月初旬が見頃となります。

 

170524 サロベツ湿原 最新開花情報

サロベツ湿原ではようやく18℃くらいになる日もありますが、
天気の良くない日は13℃くらいと、相変わらずペレットストーブが活躍する日もあります。

木道に出ると、小さいですが色鮮やかな花々が咲き始めています。

ミツバオウレンが見頃です。デッキ1~2の間で見られます。

 

ショウジョウバカマも咲き始めています。淡紅色で綺麗です。

 

 ショウジョウバカマの白花も稀にありますので、探してみてくださいね。

 

木道を歩いていると、カッコウやウグイス、アオジやオオジシギなどの鳥のさえずりが聞こえます。

 

 木道内周では、オオバタチツボスミレが見られます。

 

 湿原一面が、少しづつ緑色に変わってきました。

 

 タテヤマリンドウはこれからたくさん咲いてきます。楽しみです。

 

サロベツライブカメラ

 

 インターネット自然研究所のサイトへ 

湿原センター パンフレット

画像をクリックすると

PDFが表示されます。

- オモテ面 -

- ウラ面 -

関連サイト

 

サロベツ湿原センター

〒098-4100

北海道天塩郡豊富町上サロベツ8662番地

開館時間

11月~4月   開館時間:10:00 ~ 16:00
          休館日:月曜日

 

5月~10月  開館時間:9:00 ~ 17:00
         休館日なし


※ただし、6月、7月は、

開館時間:8:30 ~ 17:30 となります。

お問い合わせ

電話: 0162-82-3232

FAX: 0162-82-1009

e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。